一定期間更新がないため広告を表示しています

 楽天の欲しいものリスト見てたら、サンキャッチャーが出てきて欲しくなってしまった。
ツイッターでつぶやいたら、お友達から「作れますよー」と言われて 目から鱗。
そうか、作れるのか!
ぶっきーだけど、欲しいと思ったものって意外と作ってみようと思えば作れるもんなんだなってここんとこのケーキ作りで実感したから、一度はチャレンジしてみようと思ったのでした。

サンキャッチャーの作り方blog
サンキャッチャーを作ってみました
サンキャッチャーの作り方
キラキラサンキャッチャー

ペンチとか基本的なものを持ってないからそこから買わないといけないけど、スワロフスキーのビーズとかテグスとか細かい素材を買っても1000円しないで作れるみたい(ペンチ代は含まず)。
やっぱり手作りって、自分で作ったものだから愛着も増すし、自分好みに作れるっていうメリットがあるよねー
安く作れることが多いし。
がんばろう。ぶっきー返上するのだ!
 お菓子の師匠に貰ったレシピを使って、シフォンケーキリヴェンジをしてみました。
ようやく買っておいたベーキングパウダーの出番です!
てゆーか、シフォンケーキって 特別な材料が特に必要ないから気軽に作れていいですなー。
プレーンが一番好きだし、がんがん作って上手くなりたいです。

グラニュー糖は製菓用の細目のものがいいと言われたので、うちのグラニュー糖は普通のを買っちゃったなーと…今回は上白糖を使いました。

卵黄終了
ここで、一旦ハンドミキサーを休ませるために洗いものを。
どうせハンドミキサーを洗わなきゃいけないにしても、連続で7分しか使えないって結構不便…。
もうちょいいいのだと10分使えるっていうのがあったけど、いずれはいいのを買わないとなー。

っていうか、エプロン買わなきゃ…。
エプロン持ってませんw

メレンゲのときは写メ撮るの忘れるほど真剣になってた…。
どうも メレンゲ作りがへたっくそなので、かなり緊張しました! お菓子作りで緊張するとかww

ここからがスピード勝負って書いてあったのに、なぜか悠長に写メ撮ってる…。
こういうところがダメなんだよなー!
適当すぎるっていうか。。。

粉いれて混ぜ混ぜしたとこ。

混ぜ混ぜっていうか、ぐるぐる。


メレンゲをちょこっと入れてぐるぐる。


残りを入れて、軽く混ぜる。


で、問題のさっくり混ぜるってやつ。
今度、シフォンケーキ作りの動画とか探してみようかなー。


初めてアルミ型使って焼くよ!
緊張するー!!

うちのオーブンは温度が低いから、190℃余熱で焼くときは170℃

40分焼く
んだけど、途中でいい勢いで膨らんできて、焦げも怖かったからホイルを被せた。
ここでもたもたしたせいか、ちょっとしぼんだ気がした…。


焼けた後は、瓶に挿して逆さまであら熱を取る。

ぐらぐらしてるwww

で、あら熱とれたら 逆さまのまま袋に入れて冷蔵庫で一晩寝かす。
実食は明日でぃす!
楽しみ〜♪

師匠の細かいレシピ、ほんとに助かりました…。
あれがなかったら、いつまで経っても「ちょっとフワフワのスポンジケーキ」から脱出出来なかったんではないかと思います。
あー 実食マジ楽しみぃ!!


おまけ

レシピファイルをマステでデコったよー♪
下が濃い色だから、思ったより黄緑が映えなかったけど、ちぎって文字を作ったrecipeの部分はちょっと気に入ってます★

 スフレチーズケーキを実食!
一晩冷蔵庫で寝かせたから、しっとりぷわぷわ♪

ほろほろっと溶けるようで、おいしゅうございました。

濃厚なベイクドチーズケーキと、ふんわりほろほろスフレチーズケーキ
どっちが好きかって言われたら難しいけど、アタシはスフレのほうが好きかなー?

スフレチーズケーキは、レモン汁をちょっと入れてもいいかなって思いました。
さてクリスマスは何を作るかな…余計に迷うわ…。



おまけ

母にもらったー♪
ちょー可愛いよ…のほほん。
 クリスマスに作るケーキをどうしようか模索中なので、とりあえずチーズケーキを作ってみました。
デコレーションとか無理だから、スポンジから焼いて…とか・ブッシュドノエル…とか選択肢にありません。(ヾノ・∀・`)ムリムリ

酸味が苦手なので、今回作ったのはベイクドチーズケーキとスフレチーズケーキ
レアチーズケーキは嫌いじゃないけど、好んでは食べません…
ベイクドチーズケーキのレシピはこちらを使いました。

下にビスケットが敷いてあるのが好きなので、お試しに安いビスケットを買ってきて敷くことに。

ビニール袋は1枚だと、ビスケットに負けます…
二重にすることをオススメします…


ちょっと粗めにしてみました。
溶かしたバターを入れるんですが、どうにも全体に行き渡らず微妙な感じに…


まぁ、上にチーズケーキのタネが乗るんだから大丈夫だろう!と言うことで自分を納得させる。
これはオレオとかでもいいみたいですよ。
下に敷くビスケットの分量はコチラを参考に、ビスケット90g バター50gにしました。
18cmのケーキ型です。

間の写メはいつも同じような感じで面白くないので割愛!

初めて生クリームを自分で泡立てたんだけど、簡単にできるもんだと思って泡立て器でかしゃかしゃやってたら5分で後悔した…
なぜ折角あるのにハンドミキサーを使わないんだ自分…!!
洗うのめんどくさがった結果がコレだよ…。
ちなみに、氷水は 水に保冷剤(ケーキとかに付いてくる小さいやつ)を入れて代用しました。
氷作るの面倒なんだもーん(普段作ってない)。

それにしても今回のレシピはすごい簡単だったな…
材料をミキサーに入れて2分グゴゴゴゴゴゴ!と回すだけ!!
大変だったのは生クリームだけという…
あと、うちのミキサーが小型なのでいっぺんに入りきらなかったため2回に分けて混ぜました。

混ざったタネを、ビスケットを敷いた型に流し込んでトントンして空気を抜いて焼くだけー!
うぉ、ちょー簡単…。

170℃で余熱したオーブンで、まずはレシピ通りの40分

色うっすいし、たぷたぷしてる…。やっぱり焼き足らない…。

というわけで、追加10分

色はだいぶいい感じになったけど、まだ若干たぷついてる。
自分の腹を見ているようで若干不愉快になりながら、更に10分。


( ゚д゚)アラヤダ
割れてしまった…
色合い見ながら焼いてたんだけど、追加15分目くらいで止めておけばよかったかも…。
あら熱とって 冷蔵庫で冷やしたら多分落ち着いたんじゃないかと思うんだよね。
てゆーか、そんなことよりオーブンシートの敷き方をもっとなんとかしろぉおおおおお自分んんんん!!!

この日はまた無謀日
ベイクドチーズケーキ→ロール白菜→スフレチーズケーキという 何を目指してるのかわからない1日となりました。
ロール白菜を作った時点で、スフレチーズケーキはまた来週〜にしようかと思ったんだけど、生クリームのパッケージを開けちゃってたしさぁ…(ベイクドチーズケーキのときの余りを使用するので)
勢いって大事だよね!ってことでスフレチーズケーキもgo!

そういえば生クリームって、出来てて絞るだけっていうのも売ってるんだから、それでもよかったんだよね。
なんか絞り切れない気がしてもったいないかなって思ったんだけど、味は同じなのかなぁ?
だったら次はそっちを買うわ…。

スフレチーズケーキの材料はこんな感じ。

今回は、卵白と卵黄を分けるのちょっと失敗した!
/(^o^)\
コーンスターチ、近所のスーパーでなかなか見つからなくてだいぶうろうろしたよ…
粉コーナーの隅っちょに2つだけ売ってたよ…
あんまり売れない商品…なの…?

あ、使ったレシピはコレですん。
またしてもアタシの天敵であるメレンゲ作りがあるので、そこはお友達にいただいたシフォンケーキのレシピの中のメレンゲ作りを参考に…頑張りました…。

クリチ練り練り

常温に戻すか、レンジでちょっと加熱するかするといいですよ。
って書いてありました。
(・ω<)テヘペロッ



粉振っておくの忘れたから、振りながら入れました。
こういうザッパなところがいけないんだろうなぁ…。


卵白は、使う直前まで冷蔵庫に入れておく。
やっぱりこれはポイント!
もらったレシピがものすっごい細かく丁寧に書かれているので、それを参考に…
混ぜてる間はわからないけど、止めてみるとすっごくもったり。
ポイントは、グラニュー糖を小分けにして入れながら混ぜること…!

相変わらずさっくり混ぜる、がよくわからない。
これまた、シフォンケーキのレシピを参考にしました…。
お菓子の師匠が居るって素晴らしい…!!

そして焼き
170℃余熱のオーブンに 天板にお湯をはって50分湯煎焼き

18センチ型を使ってしまっているので、15センチ型を使ったら、お察しのとおりタネが余った。
プリン型に入れて焼いたわけだけれど…
うん、現時点であふれそう
コレ見て予想ついたよね?

あふれました/(^o^)\←大馬鹿

言わないで…わかってる、わかってるから言わないで…!!

お菓子作りで、大雑把は敵…!!!

あふれたところも写メ撮ろうかと思ったけれど、あまりに恥ずかしかったので止めました。
一応羞恥心とかあるんだからね…!

見てたらなんかすごい色になってきて不安になったので、50分焼いたあと 追加焼きはせずに温度を下げてお湯を追加して10分焼き。
竹串刺してみて、ちょこっと生地が付いてきたけど生っぽいって感じじゃなかったからオーブンから取り出す…出す…出すのが大変だった…
お湯こぼさないように天板を取り出すとかハードル高かった!
型を取りだして、天板冷めるまで放置プレイしたよ。
絶対お湯をこぼす自信があったんだ…。

2つのチーズケーキが前後してわかりにくいけど、こちらはベイクドチーズケーキ

見た目がパンっぽいけど、照りが出てなかなかよさげ!
課題はオーブンシートだな…

実食!

あ、書き忘れてたけど、レモン汁は入ってません。
酸味が嫌いって言っただろぉ!!
たぷたぷしてたとき、レモン汁入れないと固まらないのかな…って不安になってググル先生に聞いてみたら、こんなページがあって、焼くケーキなら焼いたら固まるから入れなくていいよって書いてあったのでホッとしました。
レアチーズケーキだと固めるのに使ってる場合もあるので入れてくださいねん。

問題のお味は…

すっげぇ美味かった…!!!

簡単なのに濃厚でおいちかったよぉ…
これはすげぇ。
クリスマスはチョコケーキにしようかと思ってたんだけど、これに シュガーパウダーで絵を描いてもいいかなって思いはじめてきたよ。
でも、下に敷くのは ビスケットじゃなくてクラッカーとかのほうがいいのかなぁ?って思った。
ちょっと甘かったし、粗めにしたけど柔らかかったんだよねー
もっとザクザク感が出てもいいのかなって思いました。まる。

スフレチーズケーキはあら熱をとったあとに冷蔵庫で一晩寝かせるので、実食は翌日

柔らかすぎるー!


おまけ

ロール白菜
今回はコンソメでもトマトスープでもなく、シチューにしてみました。
ブロッコリーを入れてちょっと煮たら柔らかくなっちゃったので、ちょっと固めに茹でたブロッコリーを添えてみた。
ブロッコリーはある程度歯ごたえがあるほうが好きだ…。

活力鍋を使ったら、簡単にニンジンやジャガイモが柔らかくなってウホホです。
ただ、ジャガイモは大きめに切らないとなくなります…。
玉葱は大概なくなるw

自分的課題
肉に下味が足りなかった。もうちょっと濃くしてもいいみたい。
ロールキャベツじゃなくて白菜だから、味が染み出てしまったのか…な…?

ちなみに、シチュールゥで足りない分は、顆粒で味を調えてます。
ちょっとコンソメを入れてもいいですよ。
 カレーを作った残りのジャガイモとニンジンと玉葱があったので、シチューでは代わり映えがないし…と 肉じゃがを作ることにしました。
折角なので活力鍋を使って時短調理♪と思いまして、こちらのレシピを使って調理

ぺらぺらの肉が、圧力に負けて固まりになっていたのでびっくりしました…。
ジャガイモもほくほく、ニンジンもしっかり柔らかく煮えていたんですがー

味が薄い…。

あのサイトのレシピだと味が薄いので、もうちょっと味を調整しないとダメっぽいですなぁ。
てゆーか、やっぱり砂糖がないと甘みが全然ないし!
そこで、自分的活力鍋の問題点に気付いたのですよ!!

最初から味が決まってないと、どうしようもない。

アタシの場合、煮物って途中で味見して味を調えたりしてるのですよ。
だから、活力鍋みたいに、最初に味を決めて 最後はちょっと煮込むだけっていう場合、最初に間違うと最後に調整しようと思ってもなかなか…最後までいっちゃってると調整きかないし…。
これはもう慣れなのかなー
この鍋で、この量だったら、このくらいの調味料の分量っていう?

まぁとりあえず、次に作るときは砂糖は入れようと思いましたとさ。

ちなみに、活力鍋でシュンシュンしたあと、煮込む段階でシラタキを入れました。
インゲンとかグリーンピースとか緑のものを用意し忘れたのは失敗その2…。


 少し前の話ですが、シフォンケーキもどきを実食したので、一応感想を。
とりあえず、大きいのと カップケーキの型で作ったのと、両方食べてみました。

画像はカップケーキ型のほうです。
大きい方は、上が焦げちゃったのでカットしたら いびつになってしまったので写メ無しです…。


一応、ふわふわっとは出来てました。
どちらかというと、大きいほうはシフォンケーキもどき。
カップケーキ型のほうは、ふわふわしたスポンジケーキって感じでしたw

空気は意外とちゃんと抜けてて大きな穴なんかはなかったんですけど、やっぱり作り方で失敗しているから「もどき」やスポンジになっちゃうんですね…。
お友達に、レシピを詳しく書いていただいたので、次回はそれをフル活用してリベンジします!

 ちょこっと体調も気分も優れませんでしたがー
折角の休日なので、文化の日なので!
シフォンケーキを作ってみようかなーと頑張ってみました

今回使ったレシピはこちら
レシピ選びから間違っていたようなんですが、そのあたりは最後にまとめて書きますっ

材料はだいたいこんな感じ。
牛乳やバターを使わないお菓子作りは初めてかもー?
って、言うほどお菓子作ってるわけじゃないけど

卵白と卵黄を分けるの、結構上手なんですよ。
今のところ失敗無しです。

ちなみにー
最初にリンクしたレシピのところに書いてありますが、今回使う卵白は卵6個分
しかし、卵黄は4個分
卵黄が2個余ってしまう!
この余った卵黄を使ったレシピも掲載されているし、たっぷりの水に入れて冷蔵庫に仕舞っておけば、1週間くらいは保つみたいです。
パイ作るときに卵黄使うから、そのときに使おうっと

まず粉を3回くらいふるいます。
金無しお菓子作りの味方、100円均一で購入したふるいさんが頑張ります。
もちろんアタシも頑張ります。

茶漉しでふるってたときとは大違い…楽だわぁ…。

砂糖と卵白を混ぜまーす!
ここで、この間買ったハンドミキサーさんの登場


いやぁ…文明の利器って素晴らしいね…

「もったりするまで」ってどれくらいや!
ってなぜか関西弁になりながら混ぜ混ぜ…


アタシ的「もったり」になったら、水→サラダ油の順で混ぜながら入れます。


そんで、ふるいながら薄力粉を入れます。
トータル4回はふるうことになります(このレシピだと)。


だいぶミキサーが暖かくなってきましたよっと

次はとうとう卵白のお出ましです。
使うギリギリまで冷蔵庫に入れておくといいらしいです。

バニラビーンズを使ってみたんですが、自分の予定では卵黄のほうにバニラビーンズ入りの砂糖を使うつもりだったのに…なんの手違いかこっちで使う羽目に…
どっちにしろ混ぜるんだからいいんだけど、なんか失敗した気分になりました


ハンドミキサー買ってよかったー!
自力でメレンゲとか絶対無理だよ…無理だよ…


とか思ってたら、暖まりすぎたハンドミキサー氏がストライキ。
7分以上使ってると勝手に止まるらしいです…。
安いやつだから仕方ないけど、がっつり使いたい人にはこのミキサーはオススメできないな!
使えるようになるまで、人力ミキサー


ハンドミキサー氏が復活して、適当にやってたら随分角?とやらが立つようになった気がした?
ので適当に「これでよし」とする。


1/3くらい入れてなじませてー


残りを投入してざっくり混ぜる…
ざっくりってどないやー!

なんやかんやありつつも、なんとか型に入れるところまで辿り着きました。

あのレシピには書いてなかったけど、何回か落として空気を抜くって書いてあったのを見たことがあったので 恐る恐る落として空気を抜く。


170℃で余熱したオーブンで50分焼く。


なんか想像してたふくらみ方じゃないな…とこのあたりで不安になる。


不安は的中

型に液を入れすぎたのか、変なふくらみ方をしたせいか、焦げた…!
いつもは焼き時間を追加するくらいなのに、なぜ…
ていうか、紙の型だからか!?


なにはともあれ、瓶を使って逆さまに立てておく。

あら熱をとって型から外してみたら、なかなかにふわっふわに出来ていましたよ!
ラップして冷蔵庫で一晩置いて、翌日実食しようと思ってます


んで、これらの写メを見たお友達から、ツイッターでいろいろ教えていただきました。
まず今回使ったレシピはちょっと上級者向けだってこと。
考えてみたら随分アバウトな説明で…ある程度シフォンケーキが作れる人用なんですかねー
レシピを書いている人自身、長いことシフォンケーキを作ってる人みたいだし、そのあたりはレシピのチョイスミスかな
あら熱をとったら、ラップで冷蔵庫ではなくて、瓶に逆さまのままビニールをかけて一晩置くのが正しいみたいです。
メレンゲのあたりも失敗してるみたいだし、最後の混ぜも 気泡とやらが消えちゃってると指摘をいただきましたー
お友達に教えていただいたレシピはコチラ
妹も、混ぜすぎると固くなる?とか言ってたなぁ…そういうことか…
いろんなレシピがあるので、もっといろいろレシピを見て勉強しつつ、自分の好みにできあがるレシピを探したいと思います!
それにしても、フォロアーさんにフォローしていただけるとは…ツイッター様サマだわー
お料理に強い人、カメラの先輩、いろんな方に支えられて アタシは成長している…ハズです…。

ハンドミキサーについて
連続使用は7分までと取説に書いてあるけれど、間にちょこっと休憩を入れてもミキサーが暖まると止まっちゃいます。
速度は1〜5段階になってるんですが、1で充分かと思っていたらレビューに「最速で使うといい」と書かれていたので…次からは速度を速めて使ってみまふ。
試しに2にしてみたらえっらい勢いだったから、5とかアリエネー!と思ってたんですけどね…必要だったのか5…。
まー初心者にはいいミキサーだったと思います。いきなり高いものとか冒険できないからね!


おまけ

妹から、玄関にひよこを置いておいたとメールがあって(来たのに全く気付かなかった…ごめん…)、回収しに行ったら 袋に入ったひよこがwww
それにしても、食べるたびに罪悪感を覚えるのはアタシだけか…?

 OKWaveに活力鍋で豚の角煮を作っても、赤身の部分がパサパサになってしまうのを防ぐにはどうしたらいいの?という質問が出ていたので 次に自分が作るときのためにもメモしておきます。

質問者さんの作り方
○活力なべに長ねぎの青い部分(捨ててしまうトコロ)を敷き
その上に豚バラかたまり肉を置き、生姜をスライスしたものとかぶるくらい水を入れオモリが揺れ始たら、弱火で20分加熱(圧力)

○鍋内の圧力がなくなったらフタを開けて、煮汁につけたまま冷まし、煮汁から肉を取り出し、5cm幅に切る

○活力なべに調味料を入れ、切った肉を入れて1分加熱(圧力)
ふたを開けて煮汁を煮詰める


これについてのベストアンサーは
最終的に味付けして煮上がった後、煮汁を煮詰めずに
そのまま煮汁につけたまま、1晩置いておきます。
翌日食べるときに、そのまま温めて
肉を取り出したら、残りの煮汁に片栗粉でとろみをつけて
盛りつけてみてください。
1晩置くことで、パサパサ感が減ったような気がします。
また、煮詰めずにとろみをつけることで
味が絡まり、美味しいですよ。
それから、下ゆでする前には、肉の全面をフライパンで炒めてくださいね。
こうすることで、うま味が閉じこめられます。
とのことでした。
確かに、活力鍋のサイトにも出来れば一晩置いたほうがいいと書いてあったなぁ…
それと、別のアンサーで こちらのレシピで作ったら上手く出来た というのがあったので、これも参考にしてみようかな。

てゆーか、下茹でした後 切ってから味付けするのかー!
そのまま味付けしてたー!!
そりゃ味付きにくいわな…wwww

orz

ぶっちゃけ脂すごくて洗うの大変だったりするけど、やっぱり自分で作る楽しさってあるし、美味しく出来たときの達成感とかやみつきになりますな!
というわけで、懲りずにまた作ってみたいと思ってます。



どーでもいいけどATOKさんや、「作って」って打とうとしてるのに、一発変換んで「着くって」とか出すのやめて…IMEさんより賢いと常々思っているのに、たまにボケてくれるよね…

 豚の角煮を作る合間(というか、鍋さんにお任せしている間)に、明治チョコレートのブラック残り3箱を使ってブラウニー作ってました。
それにしても、チョコやら肉やらの匂いをずっと嗅いでいると、食欲がちっともわかなくなります…
匂いダイエットとか流行るかもしれませんよ…。

レシピは明治チョコのレシピコチラを参考にしました!

分量
明治チョコ3枚→ブラックチョコ3箱+ミルクチョコ(板)1枚弱
チョコベビー大 1つ弱
無塩バター 90g
卵 2個
砂糖 50g
薄力粉 60g

胡桃は高かったので今回は入れませんでしたが、ナッツ類が入ったほうが絶対美味しいと思います…!

薄力粉をふるっておく

ふるいがなかったので、茶こしでやった。
後悔した。

チョコレートを刻んで湯煎でバターと一緒に溶かす。

三度目ともなると、こんな雑になるもんである。
ホントにA型なのかとよく聞かれますが、自分が一番疑っておりますからそこはツッコミ不可で。

相変わらず、鍋にそのままボウルを乗せてやってます。

楽でイインダヨー。


卵入れると必ずぶつぶつになる…
温度が高すぎるとかあるのかなー。。。

そこに無造作に砂糖と薄力粉をどかーん!



さっくり混ぜるってよくわかんない。


そしてチョコベビーが登場!


生地にも入れて、型にうつしてからまた上にぱらぱらっと。

そして、180℃で余熱したオーブンで 180℃のまま30分。

山が出来た…!
噴火すんのか!?


しばらくしたらしぼんだけど…


クレーターが出来たよ…(´・ω・`)

あら熱をとってから切ると上手く切れるらしいです。


まわりサクサク、中はしっとりのブラウニーができあがりましたよー♪

こういうの作ってると、チョコと砂糖とバターの量が半端無くて、そりゃケーキ食ったら太るよなぁ…って実感します。
匂いダイエットを決行すべきだと思いました。
もうじき健康診断だし!

ちなみに、NHKのブラウニーのレシピを見たら、卵135gとか書いてあって、ちょっと吹きました。
細かく指定したほうが美味しく作れるんだろうけど…
残った卵はどうすんの…?
別の料理に使うのか…。

今回は焼き時間25〜30分の指定で 30分にしました。
中のしっとりがなくならず、ちょうどよく焼けたと思います!!
焼きすぎるとダメなので、心配なら串で焼け具合を確かめたりするといいと思います。


 本日のおすすめ!
金曜日の夜、ジャスコに寄ってグラム98円の豚バラを買ってきました。


お祝いで貰ったのに、鍋として使ってばかりで 本来の活力鍋としての本領を一度も発揮せずに数年経ってしまった可哀想なこの活力鍋さん。
最近、お菓子作りなんてして 料理もちゃんとやってみよう!と一念発起
活力鍋使ってみたらいんじゃね?(短絡的)

何作ろうカナーと思ってレシピ見ていたら、豚の角煮があった。
携帯でチラシサイト見てたら、グラム98円というチラシを見つけた。

天啓キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
と思ったアタシは単細胞。


作り方は、ほとんど鍋任せ。
まずは水400ccとお酒100ccで豚バラ肉を茹でます。
水は肉がひたひたになるようにしたほうがいいと書いてあったので、量は適当。
そこにお酒も適当に投入して、活力鍋で強火で加熱。
上のおもり?が揺れはじめたら弱火にして20分。


なんか膨れた…なじぇ?

油がたんまり出ました。
ここで30分ほど放置。 本当は一晩寝かせたほうがいいらしいけど、とりあえずしばらく放置しました。
※このゆで汁は上に浮いた油をラードとして使ったり、汁のほうを中華スープの代わりにしたりできるみたいです。

放置した豚肉を、水100cc お酒100cc 醤油大さじ2 ミリン大さじ1 砂糖大さじ1と1/2で煮る。

間違えてゆで汁のまま味付けしようとしてしまったため、今回は中華スープもラードもとれませんでした…はぅ…。

膨らんでしまったほうは、恐ろしいほど脂身があったため、そこを除去して2つに分けました。

弱火で煮詰めるとこんな感じ。

付け合わせはチンゲンサイにしようと思っておりますー。
下ゆでに結構時間がかかるらしいんですが、活力鍋を使うと短い時間で作れますね。
味付けは結局時間かかるけどw

豚の角煮のレシピはこちらを利用させていただきました。
活力鍋のレシピがいくつか掲載されていて、参考になります♪