一定期間更新がないため広告を表示しています

 前回、上白糖で作ったら砂糖がうまく混ざりきらなかったらしくザクザクしたクッキーになってしまったので、粉砂糖を購入してのリベンジです。
今回もこちらのレシピを利用させていただきました。

師匠に教えていただいたとおり、ハンドミキサーさんに頼る。

見たレシピが使ってなかったから、手でやるものかと思ってた…。


粉砂糖を入れて混ぜる。
明らかに上白糖とは違う感触。


そして卵黄を入れて混ぜる。


粉ド━(゚Д゚)━ ン !!!


相変わらずマッシュポテトのようだけれど…


前回よりなんか柔らかい。
混ぜ足りてない?

でも大丈夫だった…と思う。

棒状にしてカットして焼くのが一番楽だけど、やっぱり型抜きしたほうが可愛い。
チョコクッキーと合わせて模様にしてもいいんだけどね。
実は、顔スタンプを押し忘れてのっぺらになったプーさんとピグレット…。


いい具合に焼けた!
味見してみたけど、やっぱりザクザクではなくてサクサクで美味しかった♪

そしてまた悪いクセが…。

前回作ってみたくなった、タイバニ兎。
見て作ったのに、なんか違う…。ちょっと太った?


ピグレットのドヤ顔に全てを持って行かれた感じ。

更にリベンジ。

なんか上手く出来た!


ちょっと焼けすぎた…。
ミッフィーも、たまにメラニーになる…w

どんどん目的がそれていく。

高良モデルのおじさん。
タイバニの高良モデルを知らない人は、ニコニコ動画とかで検索してみると幸せになれるよ!


調子こいて、余った生地を全てつぎ込んでこのザマ。
体作ってみた。
プレゼント兎も作った。
まだ余っていたから、にゃんこ先生作った。


シートがきちゃないのは目をつぶるべし。
ハートがいびつなのは、あえて狙ったんだからね…!


△一番上手に出来てる気がする罠。
そして、後付けのおじさんの体と尻尾が分離したのはナイショだ…。


これ↑をpixivに投稿したら、すぐタグついた。
感動した。

きび砂糖も買ってあるので、次はきび砂糖で作ったみたいなー。
粉砂糖とか、製菓用の粒が小さいグラニュー糖はスーパーで買うと少ない量なのに高いけど、きび砂糖は普通に売ってるから助かる。


卵白余ったから、アーモンドプードル届いたし、フィナンシェ作りにも挑戦。
レシピは今回はコチラを参考にさせていただきました。

焦がしバターを作ります。

茶色くなったかわかりにくいから、黒い底の鍋は使わないほうがいいです…。

卵白に砂糖と蜂蜜を入れる。

泡立てないように混ぜる。
お菓子によって、混ぜるにもいろいろあって頭ごっちゃになるぅ…。

アーモンドプードルと薄力粉を混ぜてふるったものを入れる。

この後に焦がしバターを入れるんだけど、実は間違えて粉の前にバターを入れてしまった…。
これが何か影響しなきゃいいんだけど。。。


1時間寝かせて焼く。
でも1日寝かせると尚いいらしいから、焼くのは日曜日にします。
( ´艸`)

 ツイッターでお菓子の師匠から、クッキーについてアドバイスいただきました!
やっぱり砂糖が…砂糖がよく混ざってなかったみたいです…
普通のお砂糖を使ったんですけど、スケッパーで切るときになんか荒いなーって感じてたんですよ。
ざくざくしてたし。
粉のお砂糖か、きび砂糖を使うといいとのことでした。
粉のはちょうど買おうと思ってたところだったので、粒の小さいグラニュー糖と・アーモンドプードルと そろそろなくなってしまうピタパンと…あれやこれや買う予定です。

日新製糖 粉糖NZ-1 1kg_ <砂糖>

日新製糖 粉糖NZ-1 1kg_ <砂糖>
価格:525円(税込、送料別)


微粒子グラニュー糖 3kg_ <砂糖>

微粒子グラニュー糖 3kg_ <砂糖>
価格:1,050円(税込、送料別)

グラニュー糖、3キロもいらないんだけど…1キロのが見あたらなかったから 腐るモノでもないしいいかなぁと。
アーモンドプードルは皮有りと皮無しと、両方買ってみようかなー
皮があるのも食感がいいみたいだし。
冷凍しておけば保つみたいだしねー!!

ママパンさんはピタパンがお安いのでよく利用させていただいてますです。

 12/4(土)
髪の毛をベートーヴェンのようにしながらデジイチ散歩を終え、やってきました サブレリベンジのお時間です!
今回はコチラのレシピも参考にさせていただきました。
前回使ったレシピよりも細かく書かれていていいかなーと思ったので。

まーでもやり方はほとんど同じです。
問題は分量なのです。

まさに粉チーズって感じになるんですね…。はやくも前回との違いを感じました。


卵は様子を見て入れていくことに。
ちょっと少なそうだったので、ここにちょっと足しました。
それでも、前回は卵まるまる1つ入れてしまったので、半分くらいしか入れないってことは相当…卵が…アワワ…


まとまりました。
固さが全然ちがーう!
途中、かねだーてつおーなんてなりませんでした。
AKIRAごっこなんてなかった…。


結局、マーガリンなので生地が柔らかめなのは変わらないため、のばした生地を型で抜いて周りの生地を取り去るという方法で焼くのは変わらず。
ハート近すぎてくっついちゃったけどむしろ可愛かったので満足した。


厚さもだいたいコツ(?)を掴んできたので、細かい形のものでなければいけます。
余った生地は単に丸めたのを平べったくしてクッキーみたいに。
不器用な形がアジなんですよ…ええ…。


それとー
今回は普通にクッキーにも挑戦してみました。利用させていただいたレシピは料理の師匠に教えていただいたコチラです。

さすがにそろそろ100均一のふるいは疲れる…と感じ、ちゃんとしたの買いました。

でも網目が荒い…


そして、あの穴んとこから粉が吹き出すw
小指が粉まみれになります…
疲れないし便利なんだけど、そこだけが難点です…。
底が外れるから洗いやすくて気に入ったんですけどねぇ。

あっためたバターをマヨネーズくらいの固さになるまで混ぜる。

そこに砂糖を入れて混ぜる。

更に卵黄を入れる。

卵白が余るのでフィナンシェでも作ろうかなーと思ったら、アーモンドプードルがないことに気付きました…
うん、それ大事だよね…。
フィナンシェはまた、卵黄だけ使うお菓子を作るときにでも挑戦します。
アーモンドプードル用意しないとね!

粉をどーんと入れます。


混ぜてる途中
ポテトサラダみたい…。


まとまってきたら、スケッパーで何度か切ってまとめて…を繰り返します。

これが大事らしい。
でもここで、レシピの写真より生地が荒い?ことに気付く。
だいぶポロポロしてるなーとは感じてたんだけど…バターとか少なかったんだろうか…。
混ぜ足りない?
この辺、知識と経験が浅いので よくわからないのが困ったちゃん。

まぁでもサブレより生地は硬いので、型抜きが出来て楽しい。

しかし厚みに差があったため、色がバラバラ。
形もいびつ。
なじぇ。

細かい型はさすがに抜きにくいことが判明。
折角可愛いバンビの型とか買ったのにー!
もうちょっと慣れてきたら、たぶん使えるように…なるよ…多分。


なんか太ったミッフィーが…。

新聞の上で油を切るといいらしいです。
結構出るんだ、油。

焼いてる間に、中途半端に余った生地でこんなの作ってました。


世の中、スライム肉まんとか流行ってるらしいけど、不器用なりに対抗意識を燃やしてみたんだよ!

うん、楽しかった。
型がなくても充分楽しめるね…クッキー。

まぁまぁおいしゅうございましたよ。
次に作るときは、タイバニのうさぬいぐるみみたいなの作ってみたいなー。

味じゃなくて形!?とかつっこまないで欲しい。

 クッキー型を買い込んで、いざ参らん サブレの世界へ!
って よくわからないテンションなのは許してください。 なぜこんなテンションなのかは後々わかるかと思います…。

鳩サブレが大好きなので、クッキーではなくあえて「鳩サブレ」で検索して出てきたレシピを使って 鳩サブレっぽいものを作ることにしました。
参考にさせていただいたレシピはコチラコチラ
どちらもマーガリンとホットケーキミックスを使っているのが、当たりかな?と思ったので。

汚れ物が少ないように、袋で作ります。

まずホットケーキミックスに砂糖と、塩ひとつまみを入れて振り混ぜます。
この塩が意外と鍵な気がします。


そこにマーガリンをド━(゚Д゚)━ ン !!!


粉チーズみたいになるまで捏ね?ます。


更に卵を入れてもみもみ…
なんかやってるときに、「かぁねだぁあああ!」「てつおー!!!」と、AKIRAごっこがしたくなりました…。
無駄にテンションが高いです。

そして出来たもの。
余熱170℃で 15分焼き。

うん、味はちゃんと鳩サブレっぽいんだけど…形が…

それにはわけがありました。
とにかくゆるかったのです、生地が。
やわらかかったら薄力粉で調整すると書いてあったから足したんですが…それでもゆるかった…
型で抜こうとするとべろべろになってしまう。
がんばって↑コレでした。
惨敗です。恐ろしいほどの負けっぷりです。

すぐにリベンジ。
更に薄力粉を足して、ラップでカバーして(実は1回目は袋が破れたため、その時点で負けが確定していた)


その上から型抜き。


そのまま焼いたら、ぱきっと形で割れるんじゃない…かな…と思った…んだ…。

まぁこうなるよね。
うん、ちょっと想像はついてた。

orz

その後、薄くのばしてそのまま冷凍して、ちょっと解凍したところを型抜きゃいんじゃね?ってなって、一晩冷凍してみたんですがー!

凍らなかった。

まさかの自体に呆然とした。
そりゃテンションもおかしくなるってもんですよ!
冷凍時間が少なかったのか(いやいや一晩だぞ?)、生地がおかしかったのか…

うん、生地がおかしかった。
途中で気付いたんだけど、粉200gのレシピなのに 粉(ホットケーキミックス)が一袋150gなことに後から気付いた。
そりゃ卵とマーガリンの量が多いんだもん、ねちょっとなるよね…なるに決まってるよね…。

ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

(o´д`o)=3

日曜日にリベンジです。
普通のクッキーも作ってみようかな、と思っています。
師匠が作りやすそうなレシピを教えてくれたので…。
あぁ、恥ずかしい…。

 あんまり綺麗な画像じゃないんですが、マスキングテープでシールを作ったのでupしますねー。
といっても、たいしたことはしてないんですが。

100円均一なんかでも結構売ってますよね、クラフトパンチ
それを買ってきます。
あんまり細かくない模様のものがいいかも?
で、クッキングシートを用意しまして、そこにマスキングテープを貼りまして、普通の紙と重ねてパンチするだけ!

普通の紙がないと、薄すぎてぐにゃっとなっちゃいます。
厚すぎてもパンチするのに力が必要すぎたり挟めなかったりするので、その辺はよきにはからってください!

大きいパンチのものは、マステを2列 軽く重ねて貼り付けてパンチするといいです。

大手のパンチだと、エイドという補助用具があるので それがあると手を痛めずに抜くことができますよん。

ウサギの柄が逆になっちゃってるけど、簡単に可愛いシールができてオススメですよー。
貼り付けるものの材質にもよるけどマステだから何度でも貼り直しがきくし、可愛い柄も多いので、お子さんといろいろ作ってみてもいいんじゃないでしょうかー。

たくさん作ってストックしておけるのがまたいいですよねー!

アタシは握力が元々ないので、補助用具(エイド)を素直に買いますん…。



JUGEMテーマ:マスキングテープ
 


購入するなら、このショップが 今期間限定で1500円以上で送料無料キャンペーンしていて ちょっとお安いので オススメですん!

 タイトルは、意味ないです。作ってみたいものを並べただけです。
えーと、まず クッキーを作ってみようかと思ったんですのよ。
クッキー型も可愛いの見つけたし、そろそろお菓子の王道にチャレンジしてみようかな、と。
イイ歳して未だにクッキー焼いたことないんだもんね!

でもどうせ作るなら、大好きな鳩サブレっぽい味のを作ってみたい。
そういえば、サブレとかクッキーとかビスケットってどう違うの?
一応違いがあるらしくて、脂肪分を40%以上含むものをクッキー、それ以下だとビスケットって言うらしいです。
まぁでもぶっちゃけ同じもののことらしくて、細かく分けてるのは日本くらいらしいですよ。
そういうの、日本人好きだよね、区分しないといられないタチなのかなぁ。
言われてみれば クッキーっていうとこういうの、ビスケットならこんな感じっていうイメージはあるよね。
小さい頃から区分されたのを見ていて慣れているからかなぁ。
海外の人から見たら、全部同じものなのかね。

なんで急にフィナンシェかっていうと、卵白だけを使って作れるらしいから。
アップルパイを焼いたりして、卵白だけ余っちゃうこととかあるからさ…
そんなときに作ってみたらいんじゃね? って思ったわけです。
フィナンシェ
抹茶フィナンシェ
抹茶のとか作ってみたい。

それと、鳩サブレっぽいものを作ろうと思うと、ホットケーキミックスとマーガリンの組み合わせが近いみたいなんだなー。
ねこサブレ
おぉ。。まさにこれは鳩サブレ!?

来週になったら型を買って、11月の頭の土日にでも作ってみようかなって思ってます。
お菓子のレパートリーばっかり増やしてどーする、自分。
 この間のシフォンケーキがまずまずの出来だったので、次はメープルシフォンか・米粉のシフォンケーキが作ってみたいなーと思ったりしています。

簡単!失敗しない米粉のシフォンケーキ

米粉のシフォンケーキ
米粉シフォンケーキ(プレーン)

アタシが大っファンである、こめ工房・稲穂さんの玄米粉のシフォンは卵・ヨーグルト・こしひかり玄米・きび砂糖で作られているんだよなぁ…
作り方が難しいのかなぁ。
レシピとか欲しいな…
 土日は勢いにのってお菓子作りに精を出す日です(キリッ
とゆーわけで、今回「作れるんじゃね?」と思って手を出したのは「半熟カステラ」なのでございます。
参考にしたレシピはコチラコチラ

特別な材料は特にないし(あえて言うなら蜂蜜? うちの蜂蜜はちょっと白く固まりかけてたから湯煎で溶かしました…)、多分問題なのは焼き加減なんだと思うんですよね、コレ。

本当は新鮮な卵がいいらしいんですが、普通の卵で…。
新鮮じゃないとどーなるんでしょうか。
泡立てに関係してくるのかなー?

なんて思いつつ、卵と砂糖と蜂蜜を 白くもったりするまでかき混ぜる。

そして、うちのハンドミキサーさんが限界を迎えないように 一旦洗いものタイム。
やっぱりちょっといいミキサー欲しいなぁ。

粉を入れて混ぜ混ぜ。

大きな泡がなくなるまで…

そして型に流し入れる。
ケーキ型用のシートを買ってなかったので、自分でクッキングシートを切ってみたんですが がったがただなww

ボンっと落として、中の空気を抜く。
で、170℃で余熱したオーブンで18分焼く。


と、こうなる。
なんかまだぷるぷるしてるんだけど、型とかまた熱いし 余熱でいけるかなーと思って アルミホイルを被せて放置。


ちょっと経ったら凹んできた。
いいあんばい!


あら熱がとれたところ。
おおぅ! いい感じじゃないのー!?


シートを外してみた。
なんかちょっと柔らかすぎるかなぁ…。見た目はいいんだけど。


カットしてみると、お取り寄せした半熟カステラみたいにはなってなかった…。


まぁ 半熟っちゃ半熟。
しゅわっという音もよかったし、味も良かった。
アタシは嫌いじゃないけど、焼きをもうちょっと研究せねばならない…かなぁ。
下の部分がゼラチンみたいっていうか、卵焼きみたいになってたのも気になるな…。

でも簡単なのでまた作ってみたいです。
卵さえあれば割りとささっと作れちゃいます。あと蜂蜜ねー!
いい卵と蜂蜜で作ってみたいなぁ( ´艸`)
 リヴェンジしたシフォンケーキの実食の巻、でございますぅ〜

まずはケーキ入刀!
一応、シフォンケーキ用のナイフ(?)を買ったんでございますのよ。



内側は竹串で、とどこかに書かれていたので、参考に。


ででーん!!

取り出すのヘタ…orz
なんか、パンみたいな見た目ですが、シフォンケーキ、シフォンケーキですったら!

空洞もなく、いい感じ♪

師匠、本当にありがとう!!


食いかけの写メってきちゃないなw
ふわっふわだよ、ということを証明したかったんだけど…ねぇ。

甘さもちょうどよかったし、バニラビーンズの量も今回は適量でした。
メープルとか苺のシフォンとかも作ってみたくなったー!

でもやっぱり、佐原で買った玄米シフォンには勝てないなぁ…弟子入りしたい…。
 ケーキを作るようになって、楽天の欲しいものをリストを見直してみたんだけど、チーズケーキやチョコケーキ・シフォンケーキは自分で作れるようになったし、他にお取り寄せしてまで食べたいケーキって 半熟カステラだけだなーって思ってたら ピコーン!
作れるんじゃね?
って思っちゃいました。
そしたらやっぱりレシピがあったー!
簡単に出来る半熟カステラ
toro〜ri半熟カステラ
絶妙な食感☆半熟カステラ

なんか作れそうな気がする…!
焼きすぎたら、単にカステラが出来たと思えばいいんだしね☆

クッキーシュークリームも作ってみたいけど、そもそもクッキーもシュークリームさえも作ったことないのにいきなり一足飛ばしにクッキーシューってお前バカだろって自分で思ったので、地道にクッキーとシュークリームを経てからにします。はい。